まつ毛育毛剤のルミガン

女子力アップの大きな助っ人

管理人の体験談

緑内障の治療薬としてのルミガン

緑内障の治療薬

ルミガンの本来の使用目的である緑内障治療についての説明をするにあたり、緑内障という言葉を知っていても症状を知っている方は何人いるでしょう。何度も記載させて頂いているように、ルミガンは元々緑内障と高眼圧症を治療するための薬として製造販売された商品です。

自覚症状の少ない緑内障

緑内障という言葉はよく耳にしますが、その症状を知っている人はあまりいないように思います。大変な病気というぐらいで、治療が必要な症状と漠然として思う人も多いのではないでしょうか。緑内障は視神経という目から入ってきた情報を脳に伝える神経に異常が起きたことで、視野がどんどん狭まってしまう病気です。

症状はゆっくりと起こる為、自覚症状が非常に少ない病気の一つでもあります。その為、進行が進んでから視野が狭いことに気が付き、見えない部分が多くなっている状態になって病院に駆け込む人も少なくないようです。進行が進めば失明という最悪な状況にも発展してしまう怖い病気なのです。

緑内障の原因

原因は、目の眼圧にあります。目は眼圧という圧力によってその形状が保たれています。それは眼房水と呼ばれる目の中にある水の量によって決まるのですが、水分量が少ないと圧が上がってしまいます。その為、眼房水の量を多くすることで眼圧を正常に保つことが出来るのです。

ルミガンの薬効

ルミガンの成分であるビマトプロストは、この眼房水の量を増やす作用があります。眼房水は目の中の毛様体という組織で作られ、シュレム管を通して目に送られます。この水分は目の栄養素なども含まれている目にとっては重要な水分です。この水分はPGF2αという物質によって排泄が促されます。

それと似た物質構造を持っているのがビマトプロストであり、これを点眼することによって水分がより眼球を満たすようになるという作用が発動するのです。緑内障はかかると治らないという人もいるようで、点眼薬だけでは進行が進むのを抑える程度という場合もあるようです。ルミガンの効果を得る場合、緑内障としてではなく出来ればまつ毛育毛として出来れば使いたいものです。

まつ毛育毛剤のルミガン
このページの先頭へ